48ホールディングス株式会社サービス内容

こちらの記事ではサービス内容を紹介しています。

48ホールディングスのクローバーコインとリップルの関係性

クローバーコインの概要

48ホールディングス株式会社が提供するクローバーコインは、仮想通貨のひとつです。厳密には、クローバーコインは交換通貨と呼ばれることも多いですが、リップルによって価値の保証を受けています。仮想通貨の一種であるクローバーコインは、48ホールディングス株式会社が開発および発行しています。

仮想通貨の開発というと難しいという印象があるかもしれません。しかし、プログラミングはオープンソースとして公開されているため、実際に制作する場合はそこまで難しいものではないのです。48ホールディングス株式会社は仮想通貨の将来性を見据え、クローバーコインの開発に着手しました。

クローバーコインは仮想通貨としてすでに市場に流通しています。この名前が付けられた理由は、四つ葉のクローバーの話に由来しているそうです。通常、クローバーは小さな葉が3つついているのですが、たまに4つの葉がついているものを見かけることがあります。四つ葉のクローバーを見つけると幸せになれるとされていますが、クローバーコインを購入すると、それによって幸せになれるという意味があるのです。

クローバーコインとリップルの違い

ビジネス

48ホールディングス株式会社が提供するクローバーコインですが、48ホールディングス株式会社が単体で保証する通貨ではありません。クローバーコインの価値を保証するのはリップルです。では、クローバーコインとリップルはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、クローバーコインは48ホールディングス株式会社が開発した仮想通貨です。仮想通貨として利用を認めているところであれば、ショッピングなどの目的で利用できます。通貨と言う観点で考えると、日本円や米ドルと同じようなものと考えてよいかもしれません。

これに対し、リップルは通貨そのものではありません。米・シリコンバレーにあるリップル社が開発した決済サービスです。日本円や米ドル、あるいは48ホールディングス株式会社のクローバーコインと違い、これ自体で支払いを行ってグルメやショッピングを楽しむものではありません。あくまでも決済サービスとしての役目を果たすため、クローバーコインとは明確な違いがあると考えてよいでしょう。

リップルの概要

決済サービスであるリップルは、金融機関のような役目を果たします。たとえば、金融機関が行う送金サービスをイメージしてみてください。金融機関では帳簿上での記録はしますが、実際に現物を動かすことはありません。リップルは、1,000億枚を上限として発行されています。単位はXRPでカウントされています。通貨ではないので不自然に感じるかもしれませんが、仮想通貨を保証する目的で総数が発行されているのです。

リップルの仕組みは仮想通貨の弱点を補うことができます。これ自体は通貨ではありませんが、オンラインで取引される仮想通貨を保証できるからです。仮想通貨のやりとりをするとき、その通貨の保証を行うという意味で、インターネット上で金融機関のように機能します。たとえば、日本円を米ドルに交換するとき、XRPを使うという仕組みです。

金融機関のような役目を果たすリップルによって、スピーディな送金とコスト削減が実現できます。世界中の資金の流通がいままでよりも簡単かつ迅速になるので、より金融市場の動きは大きなものになるはずです。2016年現在、まだ実用段階として導入しているケースは多くないようですが、フィンテック革命の波に乗って、今後は多くの金融機関がリップルを導入するのではないかと考えられています。

リップルに対する世間の関心

近年、リップルは世界中から注目を集めています。たとえば、世界経済フォーラムがスイスで行う会議(ダボス会議)へ、リップル社のCECを呼んだことは記憶に新しいかもしれません。これは、リップルが金融ひいては世界経済に大きな影響を与えるからと考えてよいでしょう。また、リップルは「テクノロジーパイオニア賞」を世界経済フォーラムから与えられています。今後の世界の金融市場ではどのようなことが起きるか、これだけでもイメージできる方は多いかもしれません。

日本国内でも、リップルに興味を持つ金融機関は増えています。たとえば、みずほフィナンシャルグループとSBIホールディングスの大手2社の共同実験で、リップルを使った送金実験が行われました。アメリカと比べると金融システムの導入には慎重な日本ですが、すでに実用段階に近づいていると考えてよいでしょう。

このように、世間的に多くの関心を集めるリップルは、48ホールディングスが提供するクローバーコインの価値をも保証しています。言い換えると、クローバーコインは世界が注目するフィンテック革命の波に乗じ、仮想通貨として広く普及する可能性を秘めているのです。今後、リップルとともにクローバーコインの動向にも注目が集まるのではないでしょうか。

『48ホールディングス株式会社』のTOPページに戻る
この記事をシェアする

関連記事

    記事はありませんでした