• くらし・住まい

旭化成株式会社

幅広いサービスを手掛ける大企業

1922年創業、1931年に設立された旭化成株式会社は、その名を聞いたことのない人は日本にいないとも思える程の一流大企業ですね。戦前には日窒コンツェルンとして国内にて活躍していた企業で、財閥解体に伴って誕生することになりました。当初は合成アンモニアを使用した再生繊維ベンベルグを製造し、それからも現在でもなお使用されているナイロンやレーヨンといった合成繊維を製造しています。

それからはうま味調味料や化学薬品にまで事業を拡大していくことになりました。サランラップやジップロックなどの大ベストセラー商品も度々輩出しており、生活に革新をもたらすアイディアの数々と、商品化できる製造ノウハウは旭化成株式会社の経営的な地盤にもなっている素晴らしいアイデンティティーと言えるでしょう。

そんな旭化成株式会社のグループ理念は、世界中の人々の命と暮らしに貢献するというもので、人々の生活に密着したサービスを提供することが事業の目的になっています。健康な生活、環境との共生を理想としており、社会が抱えている課題に対して、事業を通して改善していくという形で社会貢献をしています。

ネットワーク

参入している事業について

現在参入している事業としては、まず設立当初からある繊維事業やケミカル事業となりますが、この他にも多角的に拡大しており、エレクトロ二クス事業や住宅、建材事業、医薬品や医療事業にまで広げられています。旭化成と言えばやはり繊維事業が目にとまりがちですね。化学合成繊維を開発している会社として有名で、繊維事業については常に最先端を駆け抜けてきました。

化学の分野より派生しているのがケミカル事業であり、自動車や電子機器の部品として欠かせない高機能の原料を製造しています。また化学的なノウハウは医薬の分野や食品の分野にまで及び、洗剤などにも活用されています。医療医薬品の研究、開発や血液透析の事業やアフェレシス事業も手掛けており、旭化成は私達の生活に密着していることが分かります。

この他にも住宅関係の事業も展開しており、建築や不動産関連事業、リフォームに建材の開発なども行っています。旭化成のへーベルハウスというブランドは既に知名度も抜群に高いですが、この他にも独自のブランドを持っており、マンションのアトラスや賃貸ネットワークなど、ありとあらゆる建築分野にも精通しているのも特徴です。

就活生にも大人気

旭化成の基本情報として特筆すべきは、関係会社が合計で205社、従業員数が連結で3万人を超える大企業であるという点です。大企業だからこそ新卒の人にとっては人気も非常に高く、毎年多くの人が試験を受けることになります。

福利厚生についても充実しているのも魅力で、安定的な経営がなされており既にブランド力についても群を抜いているのも魅力と言えます。新卒に人気な大企業、更に言えば理系の仕事に就きたい人にも人気の大企業と言えるかもしれません。

イノベーションを起こしてきた大企業

ここまでを総括すると、旭化成は化学に関する事業について実に多彩に展開していると言えます。技術的な革新も何度も巻き起こしており、私達の生活を化学の力でより豊かなものにしているのが旭化成であると言えます。

中でも生活に密着している事業はヘーベルハウスをはじめとする建築や不動産関連の事業で、長年培ってきたノウハウによって超高品質の住宅を提供してくれている企業となっています。イノベーションを巻き起こす企業、旭化成は堅実な経営力も持っているのも特徴で、日本国内だけでなく世界を舞台に日々業務にあたっています。持ち前の多角的なノウハウと高い技術力で再び私達の生活を一新させるような製品やサービスを提供してくれることになるでしょう。

96e09b3d9d425139459a42b08746f890_m

会社概要

会社名 旭化成株式会社
ホームページ http://www.asahi-kasei.co.jp/
所在地 東京都千代田区神田神保町一丁目105番地
代表者 代表取締役社長 小堀 秀毅
設立 1931年5月21日
資本金 103,389百万円
この記事をシェアする

関連記事