風間眼科サービス内容

こちらの記事ではサービス内容を紹介しています。

風間眼科のサービス

風間眼科の診察内容

風間眼科では、それぞれ診察内容を設定していて、それぞれの患者の悩みに向き合っています。最新の設備を整えているため、誰もが安心して利用できる眼科となっています。基本的に風間眼科では診療科目をそれぞれ設定し、それに対して最新の設備で対応するようになっています。大きく分けて、診療科目は眼科一般診療と小児眼科に分けられています。大人の方は眼科一般診療を受け、子供は小児眼科を受けるというのが定番となっています。どちらにしても、全力で目の治療を行っていく姿勢が風間眼科にはあるので、安心して相談できるでしょう。

眼科一般診療では、検査内容が分かりやすいように、最新の医療機器を導入しています。不透明な説明だけではなく、画面を使って現状を説明しながら治療を進めていくという形なので、安心して治療を進めていくことができます。また、患者の許可を得てから治療に入っていくインフォームドコンセントにも力を入れていくので、医師が無理矢理治療を行っていくということはありません。常に患者の立場に立って、安心の医療を提供することが風間眼科の使命でもあるワケです。また、小児眼科の場合は、片眼の強度遠視による不同視弱視の治療などを行っています。

また、風間眼科に用意されている最新の設備は色々と魅力的なものが多いです。まず近年使う機会が多くなっているのがOCTです。これは光干渉断層計というもので、眼底の断層写真が撮影できるようになっています。それによって、診断の精度が飛躍的に向上しているため、目の病気を正確に見つけられることにも繋がっているのです。それぞれ患者によって目の状態は違うからこそ、この手の最新機器が導入されています。実際に眼底疾患や緑内障の診療に役立っています。

その他、風間眼科では白内障や緑内障の診断と治療、網膜剥離や眼底出血の治療などを行っています。視力低下に伴う症状に関しても相談できるものの、まずは目の病気などに関して相談しやすい環境となっているので、そちらを重点的に活用できる病院となっています。目に関して痛みや違和感があるという方は、風間眼科に相談してみて診断してもらうと良いでしょう。実際に最先端の医療機器を使った診察となるので、目に関する悩みの原因もすぐに見つかるかもしれません。そうすれば、治療もすぐに進んでいくでしょう。

視力低下の原因

近年は視力が低下している方も多く、実際に目の悩みの多くが視力などに関するものです。余談になりますが、パソコンやスマホからはブルーライトというものが出ていて、それが目に悪影響を与えると言われています。このブルーライトを目に受け続けると、視力低下を引き起こすと言われており、近年社会問題にも発展していると言えます。また、強い眼精疲労を引き起こすとも言われており、人によっては視力が大幅に下がってしまったという方もいます。昔は「読書好きは視力が低い」なんて言われていましたが、現代では「パソコン好きやスマホ好きは視力が低い」と言える時代となっています。

スマホ

風間眼科のメガネ・コンタクト

それに合わせて、風間眼科ではメガネ・コンタクトなどの提供も行っています。ただ、メガネ処方に関しては行っていないため、指定の眼鏡店はないです。そのため、好きな眼鏡店に処方箋を持ちこんで対応してもらうことが必要となります。その一方で、コンタクトに関しては風間眼科で扱っているので、コンタクトを利用したいという方は相談してみる価値があるでしょう。視力が低下してきた方の中には、コンタクトを利用する方も多くなっているので、気軽に相談できる点は魅力的でしょう。

なお、コンタクトが初めての方でも安心できるように、30分程度の取り扱いの練習を実施しています。初めての方は「コンタクトを目に入れるのが怖い」という方もいるため、それぞれに対応できるように練習も支持しているのが風間眼科のサービス内容となっています。もちろん、自分に最適なコンタクトが見つかるので、安心して視力を回復させることができます。視力の回復というよりは、コンタクトによる矯正だと言えます。どちらにしても、視力が低下している人にとっては嬉しいものなので、まずは相談してみましょう。

また、風間眼科では装着したコンタクトレンズとケア用品を1週間ほど試すことができるようになっています。それで良好であれば買いに行くということができるので、合わないと思った場合はメガネにするということもできますし、他のコンタクトを試すことも可能です。コンタクトとは言っても、それぞれの内容によって変わってくるので、患者に最適なものを提供することが必要となります。風間眼科は、しっかりと診察し、それぞれの方に合ったコンタクトの提供なども行っています。現代人に欠かせないアイテムとなってきているコンタクトも扱っている風間眼科は、これからも地域医療に貢献してくれるでしょう。

メガネとコンタクト

コンタクトレンズの価格

一日使い捨てレンズ(30枚)

  • 1dayアキュビューmolist:2,700円
  • 1dayアキュビューtrue・eye:2,700円
  • 1dayバイオトゥルー:2,700円
  • アルコン1day乱視:2,800円
  • メダリスト1day乱視:3,000円
  • アルコン1day遠近両用:2,800円

ハード・コンタクトレンズ(1枚)

  • ハイサンソα:9,000円

2週間使い捨てレンズ(6枚)

  • 2wアキビュー:2,500円
  • Airオプティクス:2,400円
  • アキビュー・オアシス:2,500円
  • Air乱視:2,800円
  • メダリスト乱視:3,000円
  • オアシス乱視:2,800円
  • Air遠近両用:2,800円
  • メダリスト遠近両用:3,400円
『風間眼科』のTOPページに戻る
この記事をシェアする

関連記事

    記事はありませんでした