一般財団法人 メンタルケア協会サービス内容

こちらの記事ではサービス内容を紹介しています。

メンタルケア協会の精神対話士

精神的な支援

メンタルケア協会の主な事業の一つが、精神対話士を輩出することです。近年メンタルに問題を抱えている現代人が多くなっている反面、それを人に言えずに苦しんでいる方も非常に多くなっています。その背景を受け、メンタルケア協会では精神対話士を輩出しています。精神対話士というのは、心の痛みを感じている方に寄り添い、会話や対話の中で精神的な支援を行っていく職業の者を言います。メンタルケア協会にはそういった精神対話士が全国に在籍していて、メンタルケアのプロフェッショナルという形で地域医療に貢献しています。

実際、近年は身体の病気はもちろんですが、心の病気を抱えてしまう方もとても多くなっています。仕事が重圧となって精神的に追い込まれてしまう方もいれば、漠然とした未来への不安を抱えていて精神的に参ってしまう方もいます。さらには、近年様々なことが要因となって、メンタルに不安を抱えている方も増加しています。そういった背景があるため、メンタルケア協会では精神対話士の重要性を説いているワケです。こういった職業の方が増加すればするほど、心の悩みを抱えている方が癒されると信じ、メンタルケア協会は事業を続けているのです。

今後の日本を変える職業

心の病気やメンタルの不安というのは、会話や対話の中でしか見えてきません。例えば、怪我をした場合は、それを見て「痛そう」「可哀想」と思うことも多いはずです。しかし、心の病気になってしまった場合は、そういった外傷がないため、あまり人に理解されることも少ないのです。本人はとても苦しんでいるのに、それを人に理解してもらえないと言うのは、あまりにも苦しいことだと言えます。だからこそ、メンタルケア協会や精神対話士の仕事が活きてくるワケです。人の心に寄り添って、本当の意味で心を支えていく仕事、それが精神対話士なのです。

心の問題はシビアなものが多く、ちょっとしたケアのミスで本人を追い込んでしまうこともあるかもしれません。近年、医療行為のみで心への配慮が無い精神科医や心療内科医の言葉によって、さらに追い込まれてしまうという方もいます。怪我や病気とは違って、最適な治療というのがまだまだ不透明な心の病気は、投げかける言葉の一つ一つがとても重要だったりします。だからこそ、メンタルケア協会では一人一人のメンタルケアを積極的に行える精神対話士の養成に力を入れているのです。今後の日本を変えるのは、これらの職業かもしれません。

メンタルは大事

メンタルケア・スペシャリスト養成講座

精神対話士への道

メンタルケア協会では、近年メンタル・スペシャリスト養成講座というものを開催しています。実際にメンタルケアを仕事にしたい方も増加していて、全国各地で講座を開講しているのです。基礎課程はもちろん、実践課程なども踏まえて講座を進めていくため、これらの職業に憧れている方にとっては、最適なプログラムとなっています。講座の内容に関しては、主に精神対話士やメンタルケア・スペシャリストに必要な知識を養い、その上で実際に患者の方と向き合えるようにしているものとなっています。

専門的な知識を身に付けることはもちろん、メンタルに不安を抱える方への向き合い方など要点を学べることから、近年大きな反響を呼んでいる講座となっています。特に実際に精神病を経験し、克服した方などの応募も多く、体験を生かしながら精神対話士として成長していける環境が整っているとも言えます。実際にメンタルケア協会が提供している講座は、それぞれの精神対話士本人を成長させるためのプログラムとも言えます。近年は一つの仕事としても認められてきているため、新たな職業選択の場として、活用されている面も見えてきています。

ストレス社会に光を

今後、精神病やメンタルの病気に悩まされる方は、より一層増加すると考えられます。日本の中小企業は約99%となっていて、そのほとんどが社員のメンタルケアなどに重きを置いていないのが現状です。だからこそ、過労や重圧、仕事のストレスなどによって心を壊してしまう方も多いのです。また、最近は学生のメンタルケアも重要となっていて、心の声を聴ける人材がより一層必要な状況となっています。学校や会社で活躍できる人材が増加していけば、精神対話士が活躍できる場もより一層増えていくでしょう。そして、そういった職業が増えて行けば、当然心を平穏に保てる方も多くなるはずです。

日本はまだまだメンタルケアに関しては、成熟していない背景があります。心の病気を甘く見ている会社も多く、実際に社員の心が壊れてからようやく理解するということもあります。そうなってしまっては、豊かに暮らしていくということは難しいです。だからこそ、メンタルケア協会では、心に寄り添って癒すことができる精神対話士やメンタルケア・スペシャリストの養成講座を行っているのです。養成講座に関しては費用が必要となるものの、実際に参加することによって精神対話士やメンタルケア・スペシャリストとしての知識を付けられるので、よりステップアップにも繋がっていくと言えるでしょう。

仲間で支えあう

精神対話士のメンタルケアサービス例

  • 高齢者
  • 介護従事者
  • 長期入院や療養生活者
  • 心の傷を癒したい方
  • 企業組織で働く社会人
  • 日常のパートナーとして
  • いじめや引きこもり
『一般財団法人 メンタルケア協会』のTOPページに戻る
この記事をシェアする

関連記事

    記事はありませんでした