日本教職員組合(日教組)口コミ・評判

こちらの記事では口コミ・評判を紹介しています。

サービスについての口コミ・評判

日本教職員組合(日教組)の評判はどのようなものがあるか、気になる口コミをご紹介いたします。

日本教職員組合は2年に1回、教職員の声を参考にした制度改革の提言書を取りまとめてくれています。教育改革や子どもたちの人権を守るための取り組みなどの内容はもちろん、安心して働くことができるよう勤務体系の見直しや新しい整備なども行ってくれ、制度には現場の声を反映できるためとても助かります。長引きがちだった会議も要点をまとめて行うことで時間が短縮でき残業もその分少なくなりそうですし、子どもたちの時間も取れそうです。

周囲の人から教師の仕事は楽だとかよく言われますが、実際は決して楽な仕事ではありません。新しい事を始める度に仕事が増えてその仕事量に振り回される事もしばしばです。でも最近では日教組の取り組みのおかげで新しい行事が増えても従来の行事の見直しが図られるようになりました。仕事量については増えるばかりではなくなり、業務内容もペーパーレス化が図られていて動きやすくなりました。今までは急いで授業の用意をしてましたが、今では余裕を持って用意できています。

日本教職員組合では給与改善への取り組みも行っていて、書類の上だけではなく実際の勤務に見合った給与の支払いへ動いてくれています。1日の労働時間が長くなることも度々ありますが、時間外手当の支払いへ向けて根拠ある調査をしてくれるのはとても有り難いです。こうした取り組みは労働組合である日教組だからこそだと思います。現場の意見をしっかりと取り入れて動いてくれるので、仕事のやる気にも繋がります。

現状教師の労働条件は厳しいものがあります。授業だけでなく授業の準備などにも時間をとられますので、子どもたちと触れ合うことすらも大変です。日本教職員組合はそうした労働条件を改善するために動いてくれていますが、授業のカリキュラムなどもあるのでなかなか改善が難しいのが現状のようです。難しい問題ですが、子どもたちへ充実した教育を贈るためにも自分たちの努力はもちろんですが組合にはより一層頑張ってほしいですね。

日本は国際的にみても教職員の働く時間が長く、そして授業を準備する時間が短く、慌ただしい職場のようです。日本教職員組合のまとめたデータで初めて知りましたが、納得するような内容ばかりでした。こうした取り組みには満足していますが、組合にはこうした情報をまとめるだけでなく行政にもしっかりと働きかけてもらってよりストレスのない環境で働き続けられるよう尽力してほしいと思います。

日本教職員組合では子供たちの「学び」を推奨するため、カリキュラムの提言を行っています。学びによって身につけられるものは勉強だけではなく他の子供たちとのコミュニケーションの取り方や社会性など広くあると思います。指導要領を改定することは学力を向上させることだけが目的ではないと思うので、子供たちが過ごしやすくなるための工夫はとても良いと思っています。今後もカリキュラムの見直しなどには力を入れ続けてほしいです。

教育で大切なのがその子の感性を生かしたうえでそれを伸ばすための工夫と考えています。先日日本教職員組合では基本的にどの子に対しても必要である学力と、さらにその子に大切にしてほしい、必要な学力を伸ばしていくことを重視していると聞きました。自身の考え方にも合致していて、やっぱり教育に関わる組織とはそうでなくてはならない、と思いました。子供のこと、教職員のことどちらも大切に考えているからこその考え方で、そうした取り組みを今後も続けていってほしいと思います。

学習指導要領の改定は私たち教職員の労働改善のためだけではなく、子どもたちの教育のためにも重要であると考えています。というのも、改定によって現在とることの難しい子どもたちとコミュニケーションを取る時間をきちんと捻出できるようになると思うからです。日教組でもこうした考えから改定に向けて動いているのだろうなと感じます。子どもたちとゆっくりと話す時間をとることで、小さな悩みにもしっかりと寄り添って子どもたちのことを考えて指導ができると思います。個人的にも子供たちと過ごすのはリフレッシュにもなりますので嬉しいことばかりです。

毎年開催されている教育研究全国集会は教育に関する基本報告や課題などが話し合われていると聞きました。日本教職員組合が開催しているそうですが、こうした学会を行うこと自体は良いと思います。ただし、それが子供たちの教育にきちんと反映されるのか、という点はしっかりと考えてほしいと思います。教育課題を考え、課題をクリアすることで得られるものは子供たちの笑顔でなくてはいけません。是非ともこうした学会を通じて現状の教育制度に切り込んでいってほしいですね。

子供たちに充実した学校生活を送ってもらうためには学校行事の開催や校則の指定にも子供たちが参画することが大切だ、というのは日本教職員組合が考えていることのようです。子供の権利を大切にするために大切だと思いますが、どこまで任せるか、参加してもらうかはなかなか難しい問題です。ですがそうした問題もクリアできて初めてより良い学校づくり・雰囲気づくりになるのでしょうね。まずは私たちの意識改革から。日教組の取り組みには頭が下がります。

『日本教職員組合(日教組)』のTOPページに戻る
この記事をシェアする

関連記事

    記事はありませんでした