株式会社太田鉄工所サービス内容

こちらの記事ではサービス内容を紹介しています。

太田鉄工所のサービスの紹介

太田鉄工所の熱間鍛造品

太田鉄工所では熱間鍛造によって製品を提供しています。鍛造というのは金属を叩くことによって内部の組織を緻密にすることで、強度の高い部品や部材を得られるという技術のことです。鍛冶をイメージしてもらえば分かりやすいでしょう。工具を用いて金属を叩くのが基本となるのですが、この時に高温に材料を熱してから叩く加工法のことを熱間鍛造といいます。

太田鉄工所はこの熱間鍛造について長い歴史のある企業となっているのです。現在は技術が発展しているため、鍛造についてはほぼすべてが機械加工によるものとなっています。これによって人の力ではありえないほどの衝撃や荷重を与えることができるようになり、昔よりもさらに精度の高いものが製造できるようになりました。

太田鉄工所では熱間鍛造によって自動車部品の製造を行っています。この分野については80年近くの歴史があり、プレスやハンマー、アプセッターといった設備をそれぞれ活かしながら小さなものから大きなものまでいろいろな部品を作り出しています。すべて内製による金型となっており、さまざまな鍛造製品に対応しているのが特徴的です。

近年は必要とされる製品がどんどん多様化しており、これまでにないぐらいの高精度なものが求められるようになりました。そのため、独自に開発した精密鍛造工法を利用することによって、他社では真似できないような精度の高いものを提供できるようになっています。

熱間鍛造というのは複雑な形状をした部品も製造できるというメリットがあります。熱間鍛造を行うことで、金属の組織内はより緻密で均質な構造になるため、高い強度を実現できるようになったのです。熱間鍛造によって金属を成形できるだけではなく、鍛錬もできるため、広く用いられている工法として、これからも需要が見込めます。今後も太田鉄工所は熱間鍛造による製品をどんどん作り出して、多くのメーカーに提供していくでしょう。

太田鉄工所の冷間鍛造

太田鉄工所では冷間鍛造についても対応しています。冷間鍛造というのは常温状態で金属を叩いていくという工法となっています。こちらはかつて難しい工法だったのですが、現在は技術が発展しているため、金属を熱しなくても加工することができるようになり、一般的な工法として定着するようになりました。

冷間鍛造の場合は熱間鍛造よりもさらに精度の高いものを得ることができるというメリットがあります。高温で加熱してしまうと部品としての精度を犠牲にしてしまうことになるのですが、冷間鍛造ではそのようなことはありません。熱間鍛造よりも手間がかかり、技術も必要となるのですが、長年この業界で仕事をしてきた実績のあるこちらの会社では、問題なく冷間鍛造にも対応することができるのです。

冷間鍛造では比較的小型な部品をたくさん作り出しています。主にニアネット・シェイプ製品の開発をしています。従来の製品をニアネット・シェイプ化することに成功しているのです。ニアネット・シェイプというのは熱を加えないで最終形状にまで成形できるという加工法のことであり、冷間鍛造によってこれが可能となっています。多くの需要があり、精度の高い部品を作り出すことができるため、メーカーからの注文はたくさんあります。最新設備を導入しているため、求められている以上の質の部品をどんどん提供することに成功しているのです。

太田鉄工所の部品加工

また、こちらでは部品加工にも対応しています。鍛造製品をそのまま提供するのではなく、それを社内でさらに加工しているのです。自社内で鍛造製品の生産から加工までを一貫して行っているのは、会社としての大きな強みとなっています。このような体制を実現しているメーカーというのはなかなかありません。

これまでの歴史によって培ってきた鍛造技術があり、さらに機械加工についても長い歴史があるため加工技術も持ち合わせているのです。これら二つの技術を組み合わせることによって、素晴らしい部品加工を実現することができます。常に最高の鍛造製品を生産することと、その製品を加工することに力を注いでいるのがこちらの会社の特徴となっています。これによって、顧客のさまざまなニーズにも柔軟に対応することが可能となっているのです。

常に最新設備を整えるための努力を怠っておらず、最新技術についてもきちんと取り入れています。技術者達は自分達のスキルを磨くための努力をしており、会社としてどのようなニーズにも対応できるように務めています。そのため、これからも高い需要のあるサービスをどんどん提供していくでしょう。そして、今まで以上に多くのメーカーにとって欠かせない存在となっていくでしょう。

工場スタッフ

『株式会社太田鉄工所』のTOPページに戻る
この記事をシェアする

関連記事

    記事はありませんでした