株式会社レイシャスサービス紹介

この記事では株式会社レイシャスの事業を紹介しています。

顧客を守る営業姿勢

株式会社レイシャスが取り扱うマンションは、購入者が住むためのものではなく投資目的のものです。つまり、マンション自体が運用のための資産となります。株式会社レイシャスが都内23区を中心に自社物件として持つマンションは、ディアレイシャスというブランド名で展開されています。

「ディアレイシャス」は低層から高層まで様々なタイプがありますが、物件に共通するのは、立地が良いことと設備が整っていることです。そうした物件を扱うことで入居率を高くし、投資をするオーナーにかかるリスクをかなり軽減しています。リスクを軽減するために、時に賃貸料の見直しを提案されることもあります。これは、その時の景気の流れや購入した部屋の運用状況などを見ながら、担当者がプロの目で見極めての提案ですから、安心して検討できます。

ただ、あくまでも判断を下すのはオーナーであり、株式会社レイシャスの担当者が提案内容を強引に推し進めることはありません。担当者は、どこまでも徹底してサポーターとしての立ち位置を崩さず、ひたすら陰でオーナーを支え続けます。この姿勢は、不安に満ちた社会の中で、豊かさと安心を届けたいと願う、株式会社レイシャスの理念から来ています。

顧客と共に歩み続けて

株式会社レイシャスからかかってきた一本の電話、そこからディアレイシャスのオーナーとしての歩みが始まります。丁寧な電話の後に待っているのは、営業担当者から受ける運用に関する詳しい説明です。現時点でのオーナーの収入や資産状況などを鑑みて、シミュレーションを行います。

それは、時にオーナーが掛けている保険にまで及び、考えられる将来像がつぶさに提示されます。その段階で多くのオーナーは、自身が描いていた将来設計と担当者がはじき出した将来の実像とのギャップに驚くことになります。中には、終身として考えていた保険が、実際は掛け捨てと変わらない状況であることに気付いて、今一度、将来について見直しを図った方が良いケースさえあります。このとき営業担当者は、投資をするにおいて良いことばかりを述べるのではありません。ディアレイシャスに投資する利点と共に、運用に際してリスクが生じる可能性があることも具体的に説明します。

ディアレイシャスは確かに良質な物件ですが、だからといって運用が絶対にうまくいくとは限りません。担当者は、投資につきものであるリスクをしっかりと説明していきます。それにオーナーが納得して、初めて契約の運びとなります。

契約の段階で、多くのオーナーはローンを組むことになります。このローンを組むに当たって審査を受け、それが通ればいよいよ運用の開始です。ローンの支払いは、マンションの賃貸料でまかなわれます。足りないときは、当然、オーナー自身で不足分を補わなければなりませんが、月々のローンの支払いの金額全体から見ればずいぶんと安くつきますので、不安はある程度払拭されます。そして、支払い続けたローンもやがて完済の時を迎えます。支払いが必要でなくなった後は、賃貸料が安定した収入源へと姿を変えます。

この間も株式会社レイシャスは、社会の不安定さに左右されないよう、オーナーの資産を守るために陰ひなたなく力を尽くします。こういった対応にも、同社の思いが垣間見えます。

絶対的な信頼を得るために

株式、先物、FX、投資方法は数多あります。中には一晩でとてつもない儲けになるものもあり、その魅力にはまってしまう人も少なくありません。しかしながら、大金を手にするチャンスがあるということは、とんでもないマイナス資産を抱えてしまう可能性もあるということです。

マンション投資は、手にする金額はさほど高額ではありませんが、その代わり、リスクが低いという利点があります。それこそが、堅実に働く人たちから支持を得ている一番の理由です。住吉秀一氏は、株式会社レイシャスを設立する際に、主役は社員と顧客であるという思いを持っていました。その思いは、設立から6年近くを経てより強まっていることが言葉からも分かります。一か八かの高額投資ではなく、地道で長期にわたる高額とはいえない投資をあえて事業として選びました。それは、顧客が少しでも、より豊かな生活を送れるようになればという願いでもあります。その願いは社員一人ひとりに浸透し、顧客の満足度を上げています。

マンション投資をする人の多くは、1件目の投資で手応えを感じると、複数の物件を持ち運用するようになります。このとき、他社物件もひとまとめにして管理したいという要望が寄せられることがあります。株式会社レイシャスは、こういった要望にも快く対応します。ディアレイシャスのオーナー様が、複数の物件の管理をまとめて株式会社レイシャスに任せるのも、この企業を信頼している証です。こうして、今日も、またひとつ、住吉秀一氏の思いが結実しています。

『株式会社レイシャス』のTOPページに戻る
この記事をシェアする

関連記事

    記事はありませんでした