• くらし・住まい

公益財団法人どうぶつ基金

佐上邦久の公益財団法人どうぶつ基金とは

どうぶつ基金とは

公益財団法人である「どうぶつ基金」は佐上邦久氏を中心に、動物のために活動している団体で、動物が適切な方法によって飼育されるような指導や、動物を愛護するための思想を普及するための活動を行っています。この活動の目的は、環境衛生を向上させ、思いやりを持って動物に接することができるような地域社会を作り出すことにあります。主な事業としては、犬や猫に対して不妊手術を奨励したり、動物愛護思想の普及を目指す事業を行っています。

そもそも公益財団法人というのは公益を目的とした事業をするための法人のことです。主に公益的な事業として認められているのは、学術や技芸、慈善といった事業であり、23の事業に限定されています。その中でも佐上邦久氏のどうぶつ基金による活動というのは、慈善活動に位置するものといえるでしょう。その公益財団法人ですが、いきなり設立できるわけではありません。

もともと財団法人があるか、あるいは新しく財団法人を設立させて移行しなければ、公益財団法人としての活動はできません。また、移行するためには厳しい条件を満たしていなければならず、公益財団法人として認められている団体は信頼のうえに成り立っているといえるでしょう。佐上邦久氏によるどうぶつ基金は、公益財団法人としてきちんと申請をして認められた団体です。そのためどうぶつ基金が行っている活動はとても信頼性が高いものと言えるでしょう。

猫親子

どうぶつ基金の歴史

現在は佐上邦久氏を中心として活動をしているどうぶつ基金ですが、その歴史をチェックしてみましょう。こちらは昭和63年からの歴史があります。初代会長は富岡操であり、全財産を提供して横浜市に財団法人である横浜動物福祉協会を設立しました。これが現在のどうぶつ基金の前身となっているのです。そのあと平成2年には動物保護シェルターを建設しました。

平成10年には名称が変更されて財団法人富岡操動物愛護基金となりました。名称が変わっても活動の内容は基本的に同じであり、動物のために活動を続けていました。そして、平成17年になると地域の猫のために無料の不妊手術を開始するようになり、猫の増加を防ぐことで、捕獲されるのを防ぎ、猫を守ることにつなげていったのです。

そして平成18年から現在の体制になりました。会長として佐上邦久氏が就任したのです。佐上邦久氏は周りからの信頼もあつく、適任と評価されたのでしょう。名称も現在の財団法人どうぶつ基金となりました。この時点で地域の猫に対する不妊手術の実績は1000匹を達成、座間市においては行政が行っている猫を引き取って殺処分する件数をゼロとし、確実に実績を積み上げてきました。平成19年になると猫100匹に対して無料不妊手術を神奈川県内で行うというキャンペーンを開始し、1年足らずで不妊手術が3000匹に達しました。翌年には世界で初めてとなる「みみ先カット」の猫写真展を横浜で開催し、猫で困っている人の相談会などの相談会を行いました。

そして平成22年についに公益財団法人として承認され、兵庫県に事務局を移転しました。この頃からさらに積極的に活動し、環境省が主催している生物多様性エキスポ福岡に参加したり、衆議院会館において会長が講演をするなどしてきました。現在の顧問である獣医師が環境大臣表彰を受賞したのもこの年です。それから現在に至るまでさまざまな活動を継続し、その成果は多方面で評価されているのです。

どうぶつ基金の顧問獣医師について

現在のどうぶつ基金の顧問獣医師を務めているのは山口武雄獣医師です。山口氏は2010年に動物愛護管理功労者として環境大臣表彰を受けており、どうぶつ基金の前会長でもあります。現在までに無料または低価格でたくさんの犬猫に対して不妊手術を行ってきました。山口氏がいるからこそどうぶつ基金の活動は成り立っているといえるでしょう。犬や猫の殺処分が増えていたことに心を痛めてこのような活動を開始したのです。今では顧問としてどうぶつ基金の活動をきちんとチェックしており、専門家として意見もしています。

山口氏の獣医師としてのキャリアは、昭和48年の3月に獣医学部を卒業してから始まります。現在のどうぶつ基金の活動には、平成11年から関わるようになり、さまざまな功績を挙げてきました。その為、多くの人々から信頼されており、評価もされているのです。これからもどうぶつ基金の活動を支えていき、獣医師としての責任を果たしながら活動に関わっていくでしょう。

眠る猫

会社概要

団体名 公益財団法人どうぶつ基金
ホームページ https://www.doubutukikin.or.jp/
所在地 兵庫県芦屋市奥池南町71-7
代表 佐上邦久
設立 昭和63年6月21日
事業内容 犬や猫の不妊手術奨励事業、動物愛護思想の普及啓発事業
この記事をシェアする

関連記事