• ビジネス・経済

Sansan株式会社

名刺クラウドサービスを手がけるSansan株式会社

企業と人脈と販売網

会社は何らかのサービスを提供することにより、その対価として利益を受け取ることが基本となります。提供することになるサービスの内容は勿論大切ではありますが、いくら良いものを作ったとしても売り込みに成功しなければ一銭にもなりません。営業の仕事も非常に大切になってくるため、会社が長く存続できるかどうかは営業力にかかっていると言っても過言ではないのです。

大企業が強い理由はここにあり、サービスを販売できる販売網や流通系統がきっちりと確立されていて、安定的にサービスを供給できるようになっているのが小さな企業との決定的な差となります。それでは中小零細の企業は大企業に屈して泣き寝入りするしかないのかという話になってしまいますが、現実には諸事情がどうしても絡んでくるため、必ずしも負けてしまうというわけでもありません。

諸事情とはつまりサービスの内容や人脈等を指しており、正確にはこれらのファクターによって営業活動が大企業の隙間を縫うようにして届くこともあります。そのため企業に勤めている人材の人脈は非常に大切と言うことができ、いかに効率的に販売できるかが企業を成長させるための鍵になるのです。

Sansan株式会社の名刺管理サービス

普通に仕事をしているだけで、挨拶の一環として名刺を切ったり、その逆に名刺をもらったりするシーンは多々あります。営業の仕事をしていれば1日で何枚もの名刺をいただくことさえあるはずです。

いただいた名刺に記されているのは名前と企業名、連絡先や役職などで、情報の宝庫となっているため、おそらく今後関わらないであろう人の名刺であっても、捨てようにも捨てられず、結局溜まってしまって管理しきれなくなってしまうのが関の山です。

Sansan株式会社が提供している名刺管理サービスでは、紙媒体の名刺を電子情報化して、ウェブ上に保存するというものになっています。スキャンに用いられるのは専用の端末で、名刺を一度スキャンするだけで登録が可能です。これならば紙を保存する必要もありませんね。

大量の名刺

もらった名刺の情報は社内で共有できる

Sansanの特徴はなんといっても、データ化した名刺の情報を社内で共有できる点にあります。

営業の仕事をしていると、急に以前会った人と電話で連絡を取らなければならないというシーンが度々起こるものです。この電話一本がつながるかどうかによっても営業成績が変わってくるわけですので、迅速に連絡ができることは業務の効率化につながります。

現在ではスマートフォンを用いてウェブにすぐにアクセスできる環境が整っているわけですので、Sansanは名刺を省く手間を大幅に効率化することが可能と言えます。また、会社として他の営業さんが一度取引をしていれば、その情報を用いて新たなビジネスチャンスをものにできる可能性もあるため、成績アップにも大いに役立つサービスとなっているのです。

使い方は「連絡」だけではない!

手間を省き、新たなビジネスチャンスを創出するだけがSansanの魅力ではありません。名刺クラウドサービスSansanは、名刺によって得た情報をもとにしてマーケティング活動や顧客管理にも活用が可能です。

マーケティング活動は需要を把握するために必要となる活動で、これをしているかどうかだけでも、サービスの質と顧客満足度に大きな差が出ることになりますので、上手に活用していきたいところです。

Sansan株式会社が提供する名刺情報クラウドサービス「Sansan」は、ゴミになりかけている名刺に希望の光を当てた革新的なサービスです。仕事上でいただいた名刺をただの紙切れにするのか、人脈として成果につなげるかは使う人次第で、煩わしい名刺の管理を簡単なものへと変えウェブ上の電話帳としてくれたのが当サービスとなります。

人脈管理

会社概要

会社名 Sansan株式会社
ホームページ http://jp.corp-sansan.com/
所在地 東京都渋谷区神宮前5-52-2
代表者 寺田 親弘
事業内容 クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売
この記事をシェアする

関連記事