Sansan株式会社サービス内容(Eight)

こちらの記事ではサービス内容を紹介しています。

ビジネスカテゴリーで1位にもなった「Eight」

捨てるに捨てられない隠された宝

仕事をしていると次第に溜まっていく名刺は、今後使用しないとも言い切れず、捨てるにも捨てられないというなんとも微妙な存在です。

後々になって連絡を取りたくなったらどうしようか、仮にもらった名刺を捨てたとして、その人の存在がビジネスチャンスにつながっていたとしたら、機会の損失、機会費用と言うこともできるため、より紙の名刺に縛り付けられてしまうというジレンマが発生してしまいがちです。

Sansan株式会社は、この「名刺」にスポットライトをあて、新たなサービスを提供しています。
運営しているサービスは名刺クラウドサービスの「Sansan」とビジネスネットワークサービスの「Eight」で、本来紙媒体であるはずの名刺をデータとしてスキャンすることによって管理をしやすくするサービスになっています。

Sansanは専用機器を用いて紙の名刺をスキャンし、それをデータとして保存、ネット環境さえ整っていればいつでも引き出して閲覧できるようにしています。これによって機会損失を抑え、営業成績の向上につなげられるようになります。これによって名刺の山は情報の墓場から利益の宝庫へと大転換を遂げたというわけです。

現在日本国内でSansanのクライアントは1500社以上となっており、また専用のスマートフォンアプリのダウンロード件数から見ても、その人気と高い利益の還元が伺えます。

Sansanが手掛ける「Eight」とは?

Eightはこれまで運営してきた名刺クラウドサービスにソーシャル的な要素を組み込んだ新たなサービスとなっています。

Sansanでは専用機器を用いて名刺をスキャンすることによってデータ化し、保存するというプロセスを経ていましたが、Eightではスマートフォンのカメラによる撮影でも同様のプロセスを経ることが可能となっています。

紙の名刺は無くしてしまう危険性もありますが、これならば先方からいただいた後、すぐに登録できますので安心です。またスマートフォンを用いて簡単に名刺情報を引き出し、閲覧することも可能となっています。いわば超巨大な電話帳を常に持ち歩いている状態が、スマートフォンを持っているだけで実現できてしまうという優れものです。

Sansanと同様に、クラウドによって会社とネットでつながっているため、緊急時にでもすぐに対応することが可能となり、機会の損失をより逃さない、いえ、チャンスをよりものにできるようになりました。

連絡先については常に最新の情報へと塗り替えられていくことになり、電話番号が変更されていて、電話してもつながらないといったエラーが発生しにくくなっているのも魅力です。

こちらのアプリは無料版がなんとビジネスカテゴリにおいて1位を記録し、ベストアプリにも選出されることになりました。ビジネス用に1度ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

人脈は営業成績に直結する

EightやSansanといった名刺のデータ化、いつでも閲覧が可能なサービスを活用する魅力は、やはり営業成績に直結する点にあります。

ビジネスチャンスはいくつも転がっているわけではなく、限られたチャンスを的確にものにしていけるかどうかが重要ですが、そのチャンスを見逃してしまいがちです。人脈を用いて営業活動をより効率的に行うことによって、チャンスを生かすことが可能となります。

また業務の効率化という面から見ても有用なシステムと言うこともでき、わざわざ会社に連絡して名刺に記されている電話番号を調べてもらうといった手間を省くことにもつながります。探す手間が省ければ、その分他の業務を進めることもでき、その結果着実に営業成績へと結びつくことになるのです。

この他にも組織の連携を深められ、組織的で効率的に活動できるのもSansan株式会社の名刺データ化システムを導入するメリットと言えるでしょう。

人脈サービス

詳細については

「Eight」公式サービスサイトはこちらから
『Sansan株式会社』のTOPページに戻る
この記事をシェアする

関連記事

    記事はありませんでした