• 医療・介護

株式会社清泉の宿

清泉の宿とは

清泉の宿は、石川県金沢市にある企業です。住宅型有料老人ホーム清泉の宿あんず館をはじめ、住宅型有料老人ホーム医王山、住宅型有料老人ホームロマン、同グループに能登清水の里自然体験農園穴水があります。

企業理念

それは利用者の「安心と安全」にあります。高齢化社会を迎え、医療・福祉サービスはとても大切なものになりつつあります。かつてであれば預ける場所を探すだけの利用者も、近年は「どのような施設なのか」「どれだけのサービスをしてくれるのか」といったように、医療老人施設に関しても「質」を求めるようになってきているのです。高齢者施設もサービスの多様化が進んでいます。清泉の宿もそのようなニーズに応えるべく、どうすれば多くの利用者に満足していただけるのかを追求しているのは言うまでもありません。その点が清泉の宿の企業理念に繋がっているのです。

サービス理念

施設を利用することに、入居者の方もそのご家族も不安を感じる方が多いかと思います。そのような不安を払拭すべく、清泉の宿では入居後、「ここに来て良かった」と思ってもらえるよう、スタッフ一同配慮しています。「入居者の方が安心して日常生活を楽しめるように」これがサービスの理念になります。また、入居者だけではなく、ご家族にも「ここにあずけてよかった」と思っていただけるような環境づくりに努めています。

介護サービス

入居者が快適に過ごせる場所

個性を尊重したサポート

高齢化社会を迎え社会全体が高齢者をどのようにサポートするのかが大きなテーマとなっています。入居者の方々の価値観はそれぞれです。高齢者サービスは、ともするとマニュアルに頼ってしまうケースも多いようですが、入居者をマニュアルに当てはめようとするのではなく、マニュアルはあくまでもマニュアルであって、清泉の宿は、入居者一人一人の個性を尊重したいと考えているのです。清泉の宿に合わせてもらうのではなく、施設側が高齢者様に合わせる。これが清泉の宿の理念でもあるのです。

入居者とのコミュニケーション

そのために全スタッフが重視しているのはコミュニケーションです。コミュニケーションを積極的に取ることを心がけ、入居者がどのような事を求めているのか。何を必要としているのか。何がしたいのか。それらを言葉だけではなく、表情や仕草からも察知出来るよう、日々のコミュニケーションから大切にしたいと考えています。日々のコミュニケーションを疎かにしているスタッフが、入居者の気持ちなど分かる訳がありません。

ではどうすれば理解出来るのかといえば、入居者一人ひとりの個性を理解することです。どのような人間なのか分からないのに、「こうすれば良い」などと安易に言えないはずです。コミュニケーションにより、日ごろから入居者に接して考え方や、何が好きなのか、どういった事に喜んでくれるのか、気分が優れていない時にはどういった態度になるのかなどをしっかりと見つめたいと考えています。入居者を尊重するのは当たり前ですが、尊重した上で、そこから清泉の宿として何が出来るのかを考えています。毎日漠然と過ごすのではなく、毎日が楽しいと思ってもらえるよう、スタッフ一同も努力しています。

安心と快適を提供したいと冒頭で述べましたが、安心と快適の形もまた、入居者一人ひとりによって異なります。それらをよく把握した上で、では何が必要なのか。どのような事が求められているのか。それらを一番に考えるのが当たり前であり、責務だと考え応対しているのです。むしろその点を見ることが出来なければ、安心と快適は提供出来ないと考えています。

安心や快適。それはただこちらが一方的に与えるものではなく、入居する高齢者と一緒に作り上げていくものだと考えています。入居する高齢者にとって、安心とは何か。快適とは何か。それらをコミュニケーションによって察知し、供与出来るよう努め、最も意識しなければならない部分だと心得ているためご家族からの信頼を得ているのではないでしょうか。詳しいサービス内容については、サービスページをご確認ください。

幸せ老夫婦

会社概要

会社名 株式会社清泉の宿
ホームページ http://www.seisen-dayservice.jp/
所在地 石川県金沢市泉本町1丁目107番地1号
代表者 代表取締役社長 大石 貴晴
設立 平成17年11月1日
従業員 99名
事業内容 住宅型有料老人ホーム、通所介護事業、訪問介護事業、居宅介護支援事業
この記事をシェアする

関連記事