• 医療・介護

青松学園

青松学園の概要と歴史

青松学園の概要

青松学園は千葉県長生郡一宮町に施設を構えています。運営しているのは社会福祉法人児童愛護会で、法人としての設立時期は大正15年になります。障害者支援施設として設立された時期は1994年となりますから、法人としても施設としてもそれなりの長い期間歩んできたということになります。障害者を支援するさまざまな事業を展開しており、定員30名の施設入所支援事業や定員40名の生活介護事業、定員20名の就労継続支援事業B型、定員4名の短期入所支援事業、市町村委託の日中一時支援事業などを行っています。また、共同生活援助事業も行っており、こちらの施設は千葉県茂原市に施設があります。

学園の母体となった法人団体が設立された目的は大正12年に起きた関東大震災です。未曽有の大災害と言われた関東大震災は首都圏はもちろん周辺のあらゆるエリアに大打撃を与えることになりました。現在では歴史の教科書で当時のことが紹介されるなど日本の近代史を語る上で外すことができないほどインパクトの強い大災害でしたが、同学園の母体はこの関東大震災で被災してしまった子供たちの保護や教育を目的として立ち上げられたものです。行き場を失ってしまった子供や両親を亡くしてしまった児童たちの保護と教育に努めました。

一般家庭の児童の保育教育

児童

関東大震災をきっかけに誕生したと言っても過言ではない同法人ですが、設立にはたくさんの基金が集まりました。その後時が流れるにつれ、関東大震災で被災した児童のみを対象とする保護や保育活動は意義がないことであると感じ、寄付行為と事業の転換を行います。生活に困窮している一般家庭の児童に対して保育教養を行うことを目的に事業プランを再編し、虚弱児保育教育事業や学資補助事業などを積極的に行うようになります。順風満帆とみられた財団の運営ですが、昭和に入るとさまざまな苦難がふりかかるようになります。

その一つが世界を相手にした大戦です。昭和16年以降は第二次世界大戦によって国内の経済は非常に不安定な状態になってしまいますし、戦火が激しくなるにつれて同法人の事業も混迷を極めてしまいました。大戦の深まりに呼応するように事業遂行は困難を極め、日本が敗戦したあとも社会経済の混乱のさなか財団の財政的基盤も弱体化していくしかなかったのです。戦争がなければまた話は違っていたかもしれませんが、戦争の激化とそれに伴う敗戦が事業に大きな足枷となってしまったのです。

第二次世界大戦以降の歩み

先の大戦は日本の敗戦で終了します。過激な戦術を次々と繰り出す日本軍でしたが欧米の技術力と戦力の差には敵わず、ポツダム宣言を受け入れてしまうのでした。第二次世界大戦以降の同財団の歩みですが、昭和25年には東京都千代田区三年町にあった事務所を千葉県長生郡一宮町に移します。ここを拠点に新たに事業を立て直そうと考えますが、昭和26年には社会福祉事業法が試行されたことによって社会福祉法人へと改組することになります。翌年の5月にはそれが認可され、これ以降社会福祉法人として活動を続けていくことになるのでした。

関東大震災で被災した児童の保護や教育を目的として誕生した青松学園はやがて恵まれない一般家庭で生活している子供の教育や保護を目的とする団体へと生まれ変わりましたが、昭和27年以降は虚弱児施設と養護学校の設置経営に改められることになります。平成6年には精神薄弱者更生入所施設を設置します。建設費に3億円という巨額な費用を投入し、30名の入所定員として運営を始めるのでした。実際に運営が開始されたのは同年4月からのことです。

平成に入ってからの青松学園の歩み

平成に入ってからも同法人は積極的に事業を展開してきました。三億円をかけて建設した精神薄弱者更生入所施設の運営も始まりましたし、平成8年には特別養護老人ホームやケアハウスも設置しました。これらの施設は同年12月から運用が始まり、運用当初から大勢の利用者が詰めかけることになります。平成10年には児童福祉法が改正され、それに伴って虚弱児施設は廃止となってしまいます。平成11年には知的障害者福祉法が施行され、精神薄弱者更生入所施設という名称から知的障害者更生入所施設へと名称が変更になります。

平成20年には障害者自立支援法における新しい体系に伴い障害者支援施設青松学園へと移行することになります。ここにきてやっと現在の形となるのです。また、同じタイミングで共同生活援助事業せいしょうも開所することになりました。波乱万丈の歩みを続けてきた同法人ですが、現在でも積極的に事業を展開していますし、大勢の障害者の方を受け入れて支援活動を続けています。青松学園は苦難の道を乗り越えてきた歴史もありますし、長年に渡って培ってきた知識やノウハウにも定評があります。青松学園は事業に関することやサービスに関することについて常時相談や問い合わせも受け付けていますから、気になる方は一度アポを取ってみると良いでしょう。

会社概要

ホームページ http://www.seishougakuen.org/
商号 社会福祉法人児童愛護会
所在地 千葉県長生郡一宮町一宮389
設立 大正15年6月10日
この記事をシェアする

関連記事