青松学園サービス内容

こちらの記事ではサービス内容を掲載しています。

青松学園の事業と年中行事

青松学園の生活介護事業と就労継続支援事業

青松学園が行っている生活介護事業についてご紹介しましょう。生活介護事業の一つとして農園を使った支援が挙げられます。せいしょうファームと呼ばれるこの農園では障害を持つ方が農作業に従事しており、作業を通じて自主性や協調性、社会性などを養えるようになっています。食品加工班は食品加工の技術をマスターしつつマナーやルール、社会性を学べるようになっており、ほかにもクラフト作業やアート作業、リサイクルエコ作業などもあります。どの作業にしても自主性や協調性、マナーなどが学べるのは同じです。

就労継続支援事業はキッチンせいしょうで行われています。就労継続支援事業とは文字通り、就労を継続できるための支援を行うことで、就労に必要な知識や技術の習得、能力の向上のために必要となるさまざまな支援を行うことになります。キッチンせいしょうは20名の定員となっており、お弁当やお菓子、総菜などの製造をチームで行っていきます。もちろん、ここで製造されたお弁当やお菓子は販売されますし、作業に従事した方にはお給料も支払われることになります。作業スケジュールも健常者とほとんど変わりませんが、トータルでの作業時間は短く設定されています。

共同生活援助事業

共同生活援助事業も青松学園では行っており、共同生活住宅としてケアホームせいしょう榎、ケアホームせいしょう桜の二つを運営しています。榎のほうは定員が4名で、桜のほうは6名となっています。ケアホームせいしょうでは日常生活に必要なアイテムや食材などは近くのスーパーマーケットに買い物に行きます。外出して買い物をするというプロセスを経ることで積極性や社会性を養うこともできるでしょう。もちろん、利用者が一人で買い物に行けないという場合にはスタッフがきちんとサポートします。

ケアホームせいしょうではやれることは利用者が自分でやることになっています。いくら障害があると言ってもなんでも人任せになってしまうようでは将来が心配ですし、自分でできることは自分でやるというのが基本的な考えとなるでしょう。日用品の買い物はもちろん、食事の後片付けや洗濯なども基本自分で行います。ただ、先ほども言ったように自分たちでできないことについてはスタッフがサポートをしてくれるため心配はありません。できないことはスタッフに相談することで支援を受けることができます。

施設入所支援事業と短期入所事業

青松学園の施設入所支援事業は施設に入所して生活を送る利用者にさまざまなサポートを行う事業です。主に夜間の支援となり、入浴や排せつ、食事など生活におけるさまざまな部分で支援を行っていきます。一人でお風呂に入ることができないという方もいれば排せつができない方、食事が上手に取れないという方もいます。このような方の手助けとなれるようなサービスを提供していますし、日常生活における相談にも乗っています。人になかなか話すことができないような内容でも専門スタッフが快く聞いてくれるでしょう。

青松学園の短期入所事業は障害者支援施設や児童福祉施設への短期間の入所が必要となる利用者に対して青松学園の施設に入所させ、そこで身の回りのさまざまな生活サポートを行います。入浴や排せつ、食事の介護などがそれにあたります。定員は4名となっており、少人数制だからこそできるきめ細かいサポート支援が受けられるでしょう。なお、入所の際には事前に予約をしておく必要がありますし、利用時に用意しておくべきものもいくつかあります。持参する持ち物に関しては必ず記名しておくという決まりもあります。

さまざまな年中行事

青松学園では年中行事もたくさん行われていますし、利用者が楽しめる魅力的なイベントなども数多く開催されています。夏場のバーベキューなどは代表的で、気持ちの良い外の空気を吸いながらみんなでバーベキューを楽しめるイベントとなっています。また、すっかり恒例となったカラオケ大会もあります。カラオケはストレス発散にも良いと言われていますが、青松学園のカラオケ大会では利用者もスタッフも垣根を越えて楽しめるイベントになっています。チーム対抗式となっていますから盛り上がることは間違いないでしょう。利用者はもちろんスタッフも楽しみにしているイベントの一つです。

新芽の香漂う春には運動会も行われます。春季運動会と銘打たれて開催される運動会ではさまざまな競技が行われ、パン食い競争や玉入れ、カーリング、お菓子食い競争など多種多様な競技で勝敗を決めます。普通の運動会と大きく違うのは、障害を持つ方すべてが楽しめるような仕組みになっていることです。実力だけでなく運に左右されるような競技もたくさん含まれているため、運動が苦手な方でも楽しめます。毎年大盛り上がりを見せる運動会で、青松学園が開催するイベントの中でも高い人気を誇っています。

『青松学園』のTOPページに戻る
この記事をシェアする

関連記事

    記事はありませんでした