森・濱田松本法律事務所サービス内容

こちらの記事ではサービス内容を紹介しています。

森・濱田松本法律事務所のサービス

高谷知佐子の所属する森・濱田松本法律事務所の事業内容

高谷知佐子弁護士が所属している森・濱田松本法律事務所では、様々な業務を行っています。それぞれの業務内容について紹介していく前に、この事務所が根本的にどのような仕事をしているのか見ていくことが必要となるでしょう。実際に森・濱田松本法律事務所では、主に人々が便利に暮らせるように、さまざまなサポートを行っているのが特徴となっています。専門的な分野に特化して、それに対する高度な知識とスキルでサポートするからこそ、多くの利用者に信頼されている法律事務所となっているのです。

では、具体的な森・濱田松本法律事務所の事業内容とはどういうものなのでしょうか。まず大前提となるのが、高谷知佐子弁護士などが活躍するフィールド、法律関係の仕事です。法律というのは、国が設定したルールや決まり事なのですが、実際その細かな内容について把握している人はいません。おおよそ、全ての法律を知っている人はいないと言っても良いくらいです。しかし、それを守らなければ犯罪者になってしまう可能性があり、一般の方はある意味法律にも怯えている点があります。それを最適な形で判断できるようにするのが森・濱田松本法律事務所の根本的な仕事です。

法律事務所というのは、弁護士が所属しているため「犯罪者を守る仕事なのだろう」と言われることがありますが、それは違います。物事の真意をはっきりとさせ、最適な答えを導き出すことが仕事なのです。あくまで法律事務所というのは、法律に則って最適な答えを出すことこそが業務なのです。その他、森・濱田松本法律事務所では、様々な仕事をしていて、一言では言えないほど様々な業務に携わっています。高谷知佐子弁護士は法律関係の仕事となっていますが、他にも様々な仕事があります。

今後、森・濱田松本法律事務所の仕事内容はより一層増えていくことが予測できます。既に業務分野に関しては、数えきれないものとなっています。色々な方が悩む場面で、最適な答えを出せるためにサポートすることこそ、これらの法律事務所の仕事だと言えます。これからより多くの仕事が増加する中で、必要となってくる法律事務所の仕事は幅広くなっていきそうです。それに応えられる森・濱田松本法律事務所は、より人々から信頼され、成長していくのではないでしょうか。企業としてはもちろん、地域の法律事務所としても、世界で活躍する事務所としても注目されていくことは確実です。

女性弁護士

高谷知佐子の生い立ち

高谷知佐子さんは1969年に生まれました。東京大学に入学して、就職活動を始めようかという頃は、バブル崩壊の真っただ中であり、だれもが、就職や進路に対して路頭に迷っていたといいます。選んだ進路の候補には、安定を求めて公務員もありましたが、本人の性格や、自由さを求めていった結果、弁護士という選択をとったのです。

弁護士としての高谷知佐子さんのお仕事は非常に多岐にわたります。訴訟といっても、一般民事、交通事故、労働関係など多岐にわたり、また、会社の法務関連や、契約書作成といった業務もありました。そんなコーポレート業務のなかで、アジアへと進出する企業も多く、その企業を担当したことが、のちに弁護士としての方向性を決めるきっかけになります。

弁護士として3年半の実務経験を経て、高谷知佐子さんは、海外でも活躍できる弁護士になるために、アメリカ・ニューヨーク州にあるコーネル大学のロースクールへ留学をします。その後、研修生として、シンガポール、インドにある法律事務所での執務に従事しました。

シンガポールでの業務は、日系企業をメインのお客様として、法律相談やサポートを行ってきました。また、活躍が認められた高谷知佐子さんは、シンガポール領事館から、法律案内の作成依頼を受けます。その内容は、日本企業から派遣されている駐在員を対象として、シンガポールの法律がどのようなものかを紹介・解説するというものでした。また、現地の日本人会からの依頼を受け、日本人会の運営に関するアドバイスもしました。

今でこそ、シンガポールやインドにも日本人弁護士が多く活躍していますが、その当時には、片手で数えるほどの弁護士しかいませんでした。まさに、アジア諸国で活躍する日本人弁護士の礎ともいえるような存在なのです。彼女は、このアジアでの経験を「書籍や情報だけでは得ることができない、現地にしかない肌感覚、温度」と称しています。その独特の感覚は、現地での生活や執務を通じて初めて得られるものと捉えており、非常に貴重な経験に感じています。

日本への帰国後、彼女は、M&A関連の案件や労働法関係の案件を中心に対応しています。労働法関連を扱うきっかけとなったのは、M&A関連の仕事をしていくなかで、人事の問題、労働条件、労働組合などの業務が多くなり、労働法関連の仕事が多くなってきたためでした。現在では、アジア進出を目指す日系企業へのサポートも行っています。これからも日本と世界をつなぐ弁護士として、より一層の活躍が期待できることでしょう。

豊富な業務分野で総合法律事務所として活躍

具体的に森・濱田松本法律事務所が行っている豊富な業務分野とは、どういったものがあるのでしょうか。森・濱田松本法律事務所で扱っている範囲はとても広く、「M&A」から「コーポレート・ガバナンス」「規制法対応/取引」「ファイナンス」「インフラ/エネルギー」「争訟/紛争解決」「事業再生/倒産」「危機管理」「競争法/独占禁止法」「IT/ライフサイエンス/知的財産」「税務」「労働法務」「国際業務」などがあります。

どの業務も欠かせないものとなっており、人々が困った時に助けてくれるプロフェッショナルな存在が森・濱田松本法律事務所だと思っておけば良いかもしれません。実際、人生の重要な場面やシーンにおいて、法律事務所の力が必要となることも多くなります。弁護士事務所というと犯罪関係のことが頭に浮かぶ方も多いですが、森・濱田松本法律事務所は法律事務所なので、法律に関することならなんでも相談することができるのです。

もちろん、それぞれの知識を有したプロが在籍しているので、悩みごとに関しても相談しやすい環境が整っています。もちろんわからないところは細かく説明するようになっているので、初めて法律事務所を利用する方なども、気兼ねなく相談できるようになっています。極力難しい言葉などは使わずに説明するなど、利用者に対する配慮も考えながら事業を行っているため、利用者からの信頼が厚い点にも注目しておきたいです。森・濱田松本法律事務所は、今後様々な人生の局面を支えてくれる心強い味方となる企業です。

困ったことがある場合や何かしらのトラブルになってしまった場合、その他さまざまな法律の面で悩みがある時などは、森・濱田松本法律事務所に相談してみると良いでしょう。高谷知佐子弁護士を始め、それぞれのプロフェッショナルが活躍しているため、悩みに関して最適な答えを導き出すことが可能となっています。その答えを見つけるためには、この手の事務所がどうしても必要となるため、一人で悩むことのないように森・濱田松本法律事務所などにも注目しておきましょう。人生の局面や困った時、重大な決断の時などは、すぐ相談できる事務所、それが森・濱田松本法律事務所です。

裁判

構成員(2016年10月現在)

  • パートナー(外国法パートナー1名を含む):97名
  • アソシエイト:219名
  • 客員弁護士等:24名
  • 外国法弁護士等(外国法事務弁護士3名を含む):26名
  • 税理士:3名
  • 弁理士:1名
  • 顧問:1名
  • スタッフ:456名
『森・濱田松本法律事務所』のTOPページに戻る
この記事をシェアする

関連記事

    記事はありませんでした