トップラン物流サービス内容

こちらの記事ではサービス内容を掲載しています。

トップラン物流の代表紹介と採用基準

トップラン物流の代表である岡田譲氏の半生は、幼少時から運送に関わるものでした。父親の仕事が運送業であったため、小学生の頃には既に荷物の積み降ろし作業などを体験していたといいます。

「自分も将来飾ったトラックで働きたい」という夢を抱いた岡田氏は、高校に進学したものの「自分がやりたいことは学校の勉強ではなく社会勉強だ」と強く思い、ほどなくして高校を辞めてしまいます。その後すぐに家電配送の助手などを務め、着実に運送業の経験を重ねていきました。

以降の岡田氏は、まず個人事業から始め、23歳で「有限会社トップラン物流」を興します。一貫して運送に携わり、あらゆる角度から運送業務を見つめてきた岡田代表が会社にかける思いは並々ならぬものでした。その思いは、「ありがとう」の言葉を掲げたトップラン物流の経営理念に色濃く反映されています。

トップラン物流の採用に当たっては、会社の経営理念を理解し、実践できる人材が求められています。接する全ての人に「ありがとう」と言ってもらえる言動を心がける人、相手を思いやり、助け合うための努力をする人です。シンプル且つ平明な採用基準ですが、トップラン物流の誠実な企業スタイルがよくわかるものとなっています。

トップラン物流の社内マニュアル

トップラン物流は、より良い職場環境を作るために、社内マニュアルで様々なことを定めています。模範的な挨拶や言葉遣い、態度などを社内マナーとして具体的に奨励し、社員の人間育成に努めています。

顧客に対してだけではなく、同じ会社や出入り先の同業者に対しても、自分から元気よく挨拶をすることをに努めています。ただし、時間・場所・状況などをふまえた適切な挨拶であることを心掛けています。たとえばこうした項目は、コミュニケーションにおける基本的な心得であっても、日常的に自らすすんで実行することは難しいものです。トップラン物流では、普段から相手のことを思いやる気持ちを社員が育むことができるよう、マニュアルの中で挨拶や言葉遣いについて繰り返し触れています。

身だしなみのルールも、相手に不快感を抱かせないことを軸に、清潔感と機能性を重んじたものになっています。頭髪や髭、爪など細かい点への留意を挙げ、華美な服装・金髪を厳しく禁じています。

トップラン物流の運送を支えている、車両のチェックや運転マナーには、特別細心の注意が払われています。外観およびキャビン内の美化から、洗車のサイクル・備品の点検に至るまで、隅々への配慮を疎かにしていません。運転マナーも同様に、交通ルールに則ってなお丁寧な運転を心がけるよう、しっかりとした指導が行われています。

『トップラン物流』のTOPページに戻る
この記事をシェアする

関連記事

    記事はありませんでした